コジオスコ?デナリ? 世界で有名な山を対策! 早押しクイズ対策#15

大学が始まったとたん更新がなくなる男。

大学、バイト、ヤクルトばかりで更新がキツイ・・・

クイズ熱が再燃したのでがんばって更新していきたいね。

 

今回のテーマは「世界の山」です。

 

有名な山と、その周辺知識をちょこちょこ詰めていきます。

 

登山家も細かくまとめたいんだけど、今回は山の名前をしっかり押さえることが目標なので、名前を出すだけにしておきたいと思います。

 

いつか別記事で出すつもりだけど、一回山やっちゃったから当分ないかな・・・

 

まずは基本の基、山の名前を覚えていきましょう。

 

先に問題出して、答えと一緒にいろいろまとめていくスタイルで行きます。

 

1.ネパール語では「サガルマータ」、チベット語では「チョモランマ」と呼ばれる、標高8868mと世界最高峰の山はなんでしょう?
 
 
2.カバルダ・バルカル共和国のコーカサス山脈にある、標高5642mとヨーロッパ最高峰の山はなんでしょう?
 
 
3.イタリアでは「モンテ・ビアンコ」と呼ばれている、標高4810mのアルプス山脈の最高峰はなんでしょう?
 
 
4.ハドソン・スタックらが初めて登頂に成功した、「マッキンリー山」とも呼ばれていた北米大陸の最高峰はなんでしょう?
 
 
5.ビエント・ブランコという強風が吹くことでも知られている、アンデス山脈にある南米大陸の最高峰はなんでしょう?
 
 
6.シラ峰、キボ峰、マウエンジ峰という3つの成層火山からなる、独立峰としては世界で最も高いタンザニアの山はなんでしょう?
 
 
7.周辺には「スノーウィー・マウンテンズ」というスキーリゾートがある、オーストラリア大陸の最高峰はなんでしょう?
 
 
8.野口健が「なだらかな真っ白い頂きに女性的な美しさすら感じた」と表現したことでも知られる、南極大陸の最高峰はなんでしょう?
 
 
9.チョゴリ、ゴットウィンオースティン山とも呼ばれる、カラコルム山脈にある世界で2番目に高い山は何でしょう?
 
 
 
答えは紹介する順番通りです。

 

七大陸最高峰

アジア大陸

エベレスト

8000m台の山はエベレスト、K2(8611m)しかないので、標高8千・・・の問題はこの2つに絞られます。

 

エベレストにはさまざまな呼び名がありますが、

 

「エベレスト」は英語名で、インド測量局の長官を務めたジョージ・エベレストにちなんでつけられました。

 

聞き馴染みのある「チョモランマ」チベット語ネパール語では「サガルマータ」と呼ばれています。

 

ヨーロッパ大陸

エルブルス

ロシア連邦に属するカバルダ・バルカル共和国の南部に存在。

 

モンブラン

(西ヨーロッパの最高峰、ヨーロッパでは2番目)

 

フランス語で「白い山」という意味のあるモンブラン

イタリア語では同じく「白い山」という意味の「モンテ・ビアンコ」と呼ばれています。

 

セオドア・ルーズベルトが新婚旅行中に登山隊を率いて登頂したことがあるそうです。

 

北アメリカ大陸

デナリ

 
1897年、連邦政府によって当時の大統領ウィリアム・マッキンリーにちなんだマッキンリー山という名前がつけられたのですが、
 
先住民の言葉からつけられたデナリという名称をアラスカの人々は気に入っており、
 
2015年に正式にデナリという名前に決定されました。
 

南アメリカ大陸

アコンカグア

 
アンデス山脈にはビエント・ブランコ(白い嵐)という大雪の原因となる強風が吹くことがあり、登山者はこれに苦しめられます。
 
このビエント・ブランコはゾンダというアンデス山脈からアルゼンチンへと吹き降ろす乾燥・高温の西風によって起こります。
 
 

アフリカ大陸

キリマンジャロ

  •  タンザニアにある独立峰。
  • 独立峰では世界最高となる標高5895m
 

キリマンジャロは西からシラ峰キボ峰マウエンジ峰という3つの成層火山からできています。(最高峰はキボ峰)

 

キボ峰の最高地の火口はスワヒリ語で「自由」を意味するウフルと呼ばれています。

 

1961年のタンザニア独立を記念して命名されました。

 

オーストラリア大陸

コジオスコ

 
ポーランドの探検家 パヴェウ・ストシェレツキポーランドリトアニアの英雄コシューシコにちなんで名づけました。
 
この山の周辺地域は「スノーウィー・マウンテンズ」と呼ばれており、オーストラリアのスキーリゾートとして知られています。
 

南極大陸

ヴィンソン・マシフ

  • 標高4892m
  • エルスワース山脈
  • 南極探検を支援したジョージア州の下院議員カール・ヴィンソンにちなんで命名
 
登山家の野口健
「なだらかな真っ白い頂きに女性的な美しさすら感じた」
出典:七大陸最高峰~ビンソン・マシフ~(南極)野口健公式サイトより
と表現しています。

 

 

世界第2位の山、K2

※七大陸最高峰ではありません

 

名前の由来

インド測量局のトーマス・ジョージ・モンゴメリーカラコルム山の測量を始めた際、
 
際立って高い山に南方からKarakorumの「K」をとってそれぞれK1、K2、K3・・・と名付けていきました。
 
K2だけはK2という名前で呼ばれ続け、それ以外は現地の名前だったり、新しくつけられた名前で呼ばれています。
 
この地域を探検したイギリスの探検家の名前からゴッドウィンオースティン山と呼ばれることもあります。
 
中国ではチベット語の「大きい山」を由来とするチョゴリと呼ばれています。
 
 
 
 
僕がまだ初心者レベルなのでこのへんで終わります。
 
どのジャンルにも言えますが、僕のレベルが上がるにつれて記事内容も上がるので、
 
記事書きまくってレベルをはやくあげていきたね。